手術の特徴を知ろう

頭

FUT法とFUE法の違い

薄毛を自然に改善する効果的な方法として大阪でも注目されているのが自毛植毛の手術です。自毛を活用する自毛植毛手術は、ナチュラルな仕上がりになることから芸能人もひそかに行っています。自毛植毛手術には大きく分けると二つの方法があります。一つがメスで切開して自毛を採取するFUT法です。FUT法は大阪のクリニックの多くで採用されているオーソドックスな自毛植毛です。薄毛になりにくい自毛を頭皮ごと切り取り、それを移植して自毛を増やします。生着率が95%と高く、広範囲の薄毛でも改善できます。もう一つがパンチで自毛をくりぬく「FUE法」です。メスで切開して縫合するFUT法の場合は縫合したあとが少し残ります。しかし、特殊なパンチでくり抜くFUE法なら傷跡が最小限です。大阪でも自毛植毛手術をしたいけど切開したくない、傷跡を残したくないという人達に人気です。ネックとしてはFUT法よりも手術費用が高くなることです。また、よっぽど優秀な医師に執刀してもらわないとドナーの切断率が高くなり、生着率が落ちます。費用が高いことや大量の移植はドナーの切断率の高さなどから、FUE法は額の生え際など少しだけ移植したい場合に向いています。このように自毛植毛手術にはFUT法とFUE法があり、それぞれの方法で特徴が違います。どちらにしても職人並みの技術とセンスを要する手術なので、大阪府内でも評判のよいクリニックを選ぶことが大切です。